CeBIT

ハノーファーへようこそ

ダウンロード

Press Area

More Languages

English Nederlands Francais Espagnol italiano portuguese norwegian japanese svenska polski russian chinese dansk korean turkish eesti arabic suomi

最後の更新日:

広島

姉妹提携

日本の姉妹提携都市

 © LHH

Stefan Schostok & Kazumi Matsui

国際的な平和と文化の町、広島市は、1589年、広島城を築城した藩主、毛利輝元によって、太田川流域開発時に設置されました。広島市は、1945年8月6日、世界初の原子爆弾の投下によって、完全に破壊されてしまいます。復興以来、今日、広島市には一千百万人の人々が住んでいます。多数の博物館、公園、寺院、広島城、宮島では、多様な文化や多くの観光名所をお楽しみいただけます。また、広島は、自動車産業、水産加工業、日本酒醸造の主要産業地でもありま
す。

ハノーファー市と広島市姉妹提携のあゆみ:

1983年5月27日、広島市とハノーファー市とで姉妹提携契約が交わされました。それ以来、文化交流、青少年交流、平和への取り組み、多くの相互訪問により、都市間の友好関係の促進に努めてきました。

ハノーファー市には、姉妹提携関連の三つの協会があります:

  • ハノーファー・広島友好協会 は日独青少年交流プログラムを促進しています。
  • Hiroshima-Bündnis(広島同盟)は平和活動に貢献しています
  • ハノーファー日独協会
    この協会は、24年前、日本の文化を広めるとともに、1988年に広島市からハノーファー市に贈られたStadtpark(シュタットパーク)の茶室を管理するために設立されました。