HANNOVER.DE | Das offizielle Portal der Region und der Landeshauptstadt Hannover

Information in English

More Languages

English Nederlands Francais Espagnol italiano portuguese norwegian japanese svenska polski russian chinese dansk korean turkish eesti arabic suomi

Veranstaltungen

April 2020
4.2020
M D M D F S S
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
Heute | Wochenende | kostenlos | Suche
Eine Szene aus der Altstadt. © HMTG

Fachwerkhäuser in der Altstadt mit der Marktkirche

旧市街

カフェや歴史的な木組みに囲まれたファサードのブティックが立ち並ぶ、牧歌的な路地を発見してみませんか。

旧市街の歴史的な木組みの建物は、ハノーファー市の特別な観光名所の一つであり、市の「応接間」を美しく彩ります。ハノーファーを訪れる人々は、ここでハノーファー市の歴史の息吹を感じられることでしょう。

マルクト教会と旧市庁舎

以前、ハノーファーには、大きな旧市街がありました。この旧市街の木組みの家や狭い路地の一部は、中世からのものでした。しかし、この旧市街は、第二次世界大戦の嵐のような炎に飲み込まれ、残った家屋はわずか40軒でした。今日、これらの内12軒が、クノッヘンハウザーシュトラーセ、クレイマーシュトラーセ、ブルグシュトラーセ付近に残っています。50年代の終わりに市内に分散して残っているこれらの木組みの家を、移動させる決定がなされました。このように、マルクト教会と旧市庁舎を囲む、古きよきハノーファーの旧市街をイメージすることのできる、旧市街が出来上がりました。

ホルツマルクト

歴史博物館の間近にはライプニッツ家が立っています。この家は戦災で破壊されましたが、細部まで正確に再現されています。オリジナルの建物は1499年に建設され、1652年に再建されました。市内ではおそらく最も有名な息子、ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツは、長年にわたりこの家に住んでいました。

最古の住居と最古の教会

Burgstraße(ブルクシュトラーセ)の終わりには、1566年に建てられたハノーファー最古の最も美しい住居が建っています。この建物は複雑な装飾を施したルネッサンスのファサードと、さらにその2年前に建てられた建物が見られます。その、すぐそばにはクロイツ教会(聖十字架教会)が立っています。これは1333年に建てられたハノーファー最古の教会です。ゴシック様式の教会内部の祭壇は、1537年にルーカス・クラナッハによって設計されました。

Ballhofplatz

1649年から1664年建てられたBallhof(バルホーフ)は、もとは宮廷社会において、あらゆる天候でバドミントンができる体育館でした。その後、このホールは、集会場となり、今日、Junges Schauspiel (ユンゲス・シャウシュピール)の劇場として使用されています。Ballhofは、旧市街の中で最も静かな場所のひとつで、噴水のある町の広場の名前の、ハノーファーで最も美しい非宗教的な建物です。

ライネ宮殿: ニーダーザクセン州議会本部

今日、ニーダーザクセン州議会の本部が置かれるライネ宮殿(Leineschloss)は、かつて皇帝の住居でした。12世紀にフランシスコ修道院として設立され、1533年に置き去りにされてしまいます。宮殿のライネ川側は、3階建てで、マンサード屋根によるバロック様式の風貌をたたえています。第二次世界大戦で破壊された後、ライネ宮殿は、1956年から1962年にかけて復元され、建物の南側のそでは、近代的な州議会場に建て替えられました。